釣堀りブーム   

2007年 06月 03日

e0092467_1227526.jpg


彼女との電話は少し話し方が変わる土田です。


と、先日、休みがかぶったから土田とカッパ寿司へ行きました。

そんでもって食べたら釣り堀に行きたいと意見が一致したため
越谷のちょっとオシャレな釣堀へ...



e0092467_12314749.jpg



雨が降ってたんで室内釣り堀です。

写真じゃよくわからないとは思いますが、これは釣り堀の部類じゃオシャレすぎる
くらいのレベルです。

営業時間は22時くらいまで、これも釣り業界では異端児です。
お魚に休む暇なんてありません。

そこへ土田の携帯に仕事の店長から電話があって
仕事とプライベートわけてんじゃねーよ と良く分からないこと言われたらしいです。

もちろんこの日は土田は休日。

こいつも休む暇はありません。




そんなこんなで帰ってきたら、バイト時代の後輩が「いろり家行きましょうよ」
と。


e0092467_12392714.jpg


バファリン同様、半分が優しさでできてる俺は八潮まで迎えに行ってやりました。


どうやらこいつは仕事が辛くてすでに辞めたい病にかかってしまったらしい。

週3は仕事場で嘔吐してるらしい....。


土田もこいつも、就職活動中に今の会社にぞっこん気味で入った。


期待してたものとのギャップがありすぎるのだろうか。



途中から三浦も来て、こいつの説得にあたってたけど
そしたらこいつ半ベソかいてやんの(笑)

それくらい息の詰まった毎日を送ってるんだろうな。


まだ二ヶ月しか経ってねーんだから、辛いこともまたその会社を知る要因だろう。

それが長いこと続くようならそういう会社なんだろうな。

勤続する価値と退社する価値がいつか逆転したらそこで辞めればいいんじゃ
ないだろうか。

どこに逆転ポイントをもってくるかは個人次第だけどな。




さて、今日は久しぶりの日曜休み、



なにすんべかな~~
[PR]

# by hideo10292002 | 2007-06-03 12:54 | 日常

越谷   

2007年 05月 30日

e0092467_3411970.jpg


あい らぶ でございます。


どうもこんばんわ。



と、いうことで2ヶ月間勤めた白岡とも昨日でお別れ。
最後、職場のみなさんに一人一人挨拶するとき、
直視できんな、ありゃ。

寂しいもんだよ。

たった2ヶ月でこうなるとは思わなかった。


相手の目を見ながら「短い間でしたけど、ありがとうございました」って
言えない。
見ながら言ったらきっと込み上げるもんがあっただろうな。

だからちょっとそっけない最後になってしまった(笑)


まぁそのへんは年齢的に人生の先輩方、見抜いてくれてるだろう。



話は戻っておととい、

休みだったから白岡のみなさんへ感謝の意を込めて
「団子」を買っていった。
e0092467_3404584.jpg



我が庭「越谷」の隠れた名物、「虹だんご」でございます。

つい最近知りました。


そこらで売ってる団子と違って団子の作り方がちょいと違うらしい。

甘さを抑えた秘伝の醤油の少し焦げた香ばしい味。

これは後を引きますぞ。

詳しくはここ   ↓


 虹だんご


醤油味の他には甘ダレがある。


でもやっぱり伝統の醤油味が一番!

写真はお店。
大聖寺っていうお寺の敷地内にあるんですよ。

この日は天気も良かったから団子日和。


一番上の写真はお寺の裏の元荒川の土手から。

越高生にとっては聖地。





さて来月からはまた新しいところで仕事です。

仕事柄、こういう職種は人との出会いも多ければそれと同じぶん別れがある。

慣れてしまえば普通のことなのかもしれないけど、
慣れてしまうことに抵抗がある。

せっかく仲良くなったんだから、この先もつながりは残しておきたい。

そうあってほしい。





では、今日はこのへんで。





おはようございます。
[PR]

# by hideo10292002 | 2007-05-30 03:34 | 日常

今日は晴れた!!!!   

2007年 05月 28日

毎回俺が休みの日は雨なんだがな、今日は晴れた


夏の空みたいだ。


さーて、なにすっかねぇ。。。

月曜休んでるやつなんか一人もいねーわな。




今仕事で行ってる白岡は今月一杯までなんです、
はやくも2ヶ月が過ぎた。

ほんとに早い2ヶ月だったなぁ。

特にこの5月はあっという間だった。

五月病なんてのも感じなかったし。


それもすべては白岡の一緒に働いてる人たちのおかげです。


仲良く接してくれて、自分が大きな集団の流れの中にいることを
感じさせてくれました。

それがほんとに嬉しいんです。

これは一番懸念してたことです。
大学があんな状況だったから、仕事を始めたらうまく周りの人と
連携が取れるかなっていう不安があった。
サークル感覚ではないけれど、集団組織のなかで自分の存在価値を
自覚できるようになりたかった。


「ひで、おまえは集団の中で自分の価値を認識できてはじめて
 チカラを出せる、おまえはそういうやつだよ」

留年をしたことを母校の若菜先生に話しに行ったときに言われた言葉。


よく俺のことをわかってる。



恵まれた社会人スタートだったと思う。

人に恵まれた。

きっと、何年何十年経っても、いつか今の会社を辞めて他の会社に転職しても、
自分が23歳で初めて「仕事」をしたこの2ヶ月のことは
強く鮮明に記憶に残ることだと思う。

それが白岡でよかったと今は思っています。

きっとずっとそう思うと思います。



どうもありがとうございました。





とはいっても、
次の勤務地は桶川(笑)

まぁ白岡には近い。




次のところはどんなところなんだろうか...
[PR]

# by hideo10292002 | 2007-05-28 10:37 | 日常