<   2006年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧   

半島ドライブ    2nd ステージ   

2006年 09月 24日

e0092467_1753556.jpg



まさに秋晴れ!


半島ドライブ第2ステージは  「三浦半島」

スタートはちょっと離れてるけど江ノ島から。写真のとおり。


まず江ノ島に着いたのが13時くらいで
とりあえず海を見ながら少し歩いてみた。

もう夏ではないからなぁ~...と思ってたら
水着の人がいました。
もう、9月も下旬になるのにね。

でも納得なのが気温。日差しはまだまだ強いしジリジリ感もいまだ健在。
そりゃ水着にもなりたくなるわな。


新江ノ島水族館でコーヒーを飲み(入館はしてないけど)、
しばらくは江ノ島周辺でウロウロしてました。

海沿いを歩くとこの新江ノ島水族館の脇を通るんだけども、
ちょっとした柵を背伸びして中を覗いたら

海ガメがいた。 ものすごいだるそうな海ガメ君。

海の方を見ながら遠い目をしてました。

「なんで俺はここにいるんだろう」的な目。


そんな亀に別れを告げ、

三浦半島へ。


江ノ電と平行して走り、鎌倉の前を通り、

ようやく山道へ。


もっと栄えているかと思いきや、案外そうでもなかった。

ただね、あーいうところに住めたらほんとスローな毎日を送れそうだな、
景色は文句なしだし、食べ物は美味い。
都心にも電車ですぐ出られる。

少々お高そうな家がたくさんあった。


そういう話を一緒に行った友達としてて、
気づいたら空腹。

さて、何を食べようか?


やっぱりこういうところに来たら海の幸。

ということで三浦半島南端にある三崎っていう町でご飯。


                     ↓

e0092467_17223738.jpg



うまい......


甘い...


とてもおいしかったです。


写真の奥に見える友達が注文した
ジャンボエビフライ定食、

ジャンボです。


でかい...。


このお店の入り口に水槽があって、そこに伊勢海老がわんさかいたから、

まさかその中の二匹?

と思うくらい大きなエビフライでした。


かといって大味というわけではなく、ぷりぷりの身がおいしい(友人談)だそうです。




んで、そこを出たあとは、

江ノ島に引き返すことにしました。

なんとなく横須賀のほうへ行くよりは
江ノ島近辺の海岸線をドライブしたほうが気持ち良さそうだったからね。


で、江ノ島に戻ってきて、またコーヒー飲んで帰路につきました。


しかしねぇ、俺もその友達も家に帰ってしばらくしても
お腹パンパンだったんだよ。

昼の4時くらいに食べたのにね。


かなりお得なもの食べたドライブでした。


江ノ島まではこのへんから1500円くらいで(高速料金)行けるから
日帰りでも余裕で楽しめるし、オススメです。
特に江ノ島~鎌倉の海岸線はいろんなお店があるから
走ってるだけでも楽しい。


そんなこんなで半島ドライブ第二弾は幕を閉じました。


さて、次は...



残る半島は...




伊豆のみ......(笑)




また、どこか行きたいと思います。




では
[PR]

by hideo10292002 | 2006-09-24 17:40 | 日常

「そば、うどん、どちらで?」   

2006年 09月 17日


うどんで。


今日は友人と「そば・うどん」食べてきた。


俺んちの近くにあるとこなんだけど、
なかなか雰囲気がよろしい。


鯉と金魚が泳ぎまくり。



俺は「かき揚うどん」
友人は「つみれそば」


と、「鴨焼き」とかいうもの。

この鴨焼きがうまかった




うまかった。




店内に池とかあって、とりあえず魚が泳ぎまくり。




でも二人して “あったかい” もの食べた。そんな季節になってしまった。



秋か。





次は半島ドライブ第二ステージを開催しようってことになった。




今日は日差しも強くて気温もそこそこ上がったな、

でも風は冷たい。

湿気もなくなったし、これから秋本番。



秋といえば温泉・酒・肴。



先週、某旅行会社に就職したサッカー部のやつに
「温泉いこう」
とメールしたら
「まかせとけ」
と。

が、いまだ連絡はない...




たのむ、

行こう。




そんなこんなで秋の夜にひとり缶ビールの俺様の今日の日記でした。





さて、「日本語の “いい” 歌詞紹介シリーズ」 のことなんですが、
先日バイトの人に

「最後まで読む気になんない」 と言われてしまいました。







読んでください。





今日の歌詞は、 「ハッピーエンドの歌か、そうじゃないか」と、

意見が割れる歌詞を紹介します。

もっと言うと、この二人はくっついたのか別れたのか...




「別れ」もその二人にとっては “それぞれの、いつかの幸せのため”なのか...


よく読んでください。

一部の熱烈なファンの間では意見が割れるらしいです。



では↓


__________________________________


    
 No.5   チューリップ    「青春の影」 より




 財津和夫 作詞/作曲


 君の心へ続く 長い一本道は
 いつも僕を 勇気づけた
 とてもとてもけわしく 細い道だったけど
 今 君を迎えにゆこう
 自分の大きな 夢を追うことが
 今までの僕の 仕事だったけど
 君を幸せにする それこそが
 これからの僕の 生きるしるし


 愛を知ったために 涙がはこばれて
 君のひとみを こぼれた時
 恋のよろこびは 愛のきびしさへの
 架け橋に すぎないと

 ただ風の中に たたずんで
 君はやがて みつけていった

 ただ風に 涙をあずけて
 君は女に なっていった


 君の家へ続く あの道を
 今 足もとにたしかめて
 今日から 君はただの女
 今日から 僕はただの男


___________________________________
[PR]

by hideo10292002 | 2006-09-17 00:42 | 日常

流行に乗って   

2006年 09月 15日

e0092467_11555630.jpg


買ってみた

i pod ではないけどね。


まぁしかしこんなに小さい物の中に音楽がたくさん入るなんて
すごい時代だな。



とりあえず何か曲を入れようと思ったんだけど
こういう時ってどの曲を入れるべきか迷ってしまうね。


なんでも入れときゃいいのにね。



で、とりあえず10曲入れてみた。

200以上は入るのに10曲(笑)



でも、これで後期の通学は楽しいものになるだろね。



次はこれを車に接続する方法を探さなければ....
[PR]

by hideo10292002 | 2006-09-15 11:59 | 日常

  

2006年 09月 09日


ぐばぁぁ(*_*)

風邪ひいてしまった(+_+)

バイト中なんか変な感じするとともに寒気がしてきて。

熱がある。

寒気がひどくなってくる。

節々痛い...。


今日もまたバイトだぁ.....。



限界まで熱を上げて風邪菌を殺せ!マイ・ボディ。




ぶはぁ...
[PR]

by hideo10292002 | 2006-09-09 02:18

  品川庄司   

2006年 09月 06日


俺だけだろうか?

立ち位置がたしか右の 「庄司」 の意味がよくわからないのは。



なんか彼はよく上脱いでるよね、
夏は冷房・冬は暖房効いてるはずなんだけどな。




で、 

上脱いでなんか少しでも笑わせてくれるのかと思いきや、
それが仕事であるにもかかわらず、






むしろそれまで他の芸人が積み上げてきたものを
一気にゼロへ。






これが軍団山本クオリティ。





昨日朝のニュースでモデル達が一同に集まるイベントみたいなの
をやってたんだけど、

司会が品川庄司だったんだわ。



で、



最後、


立ち位置右君が





「あたしもずっと我慢してたのぉ~」


って言ってまたも十八番の上半身裸になってたけど。




お笑い芸人同士ならともかく、


モデル達がそれまで積み上げてきたものも
これまたゼロへ。








軍団山本クオリティ。








彼は芸人の中でも女性にもてるほうで、

顔もいい。  と、どっかのバラエティで言ってたけど、









この前バイト帰りにうっかり踏みそうになった
セミの死骸の表情に似てると思うのはこれまた俺だけなんだろうか。








では、一日、

がんばってまいりましょう
[PR]

by hideo10292002 | 2006-09-06 08:21 | 日常

川上殿へ...   

2006年 09月 03日


何回おまえんとこで機種変しただろうか...


ありがとう。







また、機種変できるのを楽しみにしている。
(笑)




お疲れ様でした



携帯屋のねーちゃんっぽいとこドンピシャだったんだけどなぁ




あ、それから俺のこと 「ヒデオ」 と呼ぶのはよしてください。
いままで通りがすんなりくるんで






おやすみなさい
[PR]

by hideo10292002 | 2006-09-03 04:56 | 日常

戦国大名占い   

2006年 09月 01日


というのを見つけた。

自分が戦国時代ならどの大名になっていたのか。

どうでもいいところが占いのおもしろいところ。





ちなみに、俺は 本多正信 という人らしい。

結果は...


本多正信さんは、浮ついた考え方を嫌う堅実な人。どちらかと言えば地味なほうですが、着実かつ慎重に物事を進め、自分の目標をしっかりと手に入れるタイプです。勉強や仕事にもきちんと取り組むので、周囲の評価も上々です。とても真面目で控えめな人なので、恋愛面では割と古風な考え方をするでしょう。恋愛そのものを楽しむよりは、その先にある結婚を念頭においたおつきあいをしていきそうです。そんなところが、あなたにちょっぴり近寄りがたい雰囲気を植え付けているかもしれません。だからと言ってお手軽な恋愛に走るくらいなら、仕事や趣味に没頭したほうがベター。自分磨きの期間があなたにさらなる輝きを与え、より大きな幸福へと導いてくれるはずです。



だと。



で、俺に秘められた超能力は  「念写」 らしい...



しかも... 別のところでこの人調べたら、


家康の “右腕” だったらしい....



なかなかやるじゃないか俺。





上の文章を要約すると、

地味で控えめな人間っぽいねぇ。

まぁ、上の文章の8割は当たってるな(笑)


が、


別に結婚がどうのこうのって考えていませんよ。









今日は夕方寝てしまってまったく眠くない。





かと言って、












ネタもない。










おやすみなさい
[PR]

by hideo10292002 | 2006-09-01 03:57 | 日常