<   2006年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧   

さようなら、 2006. 夏   

2006年 08月 28日

e0092467_126394.jpg


さようなら。



あぁ...  さみしい(笑)



何もなかったが夏が終わる瞬間は毎年さみしい。



網戸から入る風は何か一枚かけないと寒いくらいの温度で
寝つきやすさと電気代は嬉しいもんだが
さみしい。



この開放感とビールのうまさは冬には味わえないもんね。



また一年後か。






今日は、ばあちゃんの13回忌でした。

もうそんなに経つのか。


ふと、たまに、 逝ってしまった人と今の自分とで話がしたいと
思う時がある。
俺が小5の時に亡くなった婆ちゃんと中2の時に亡くなった爺ちゃん。

二人ともお酒を飲むから、自分がお酒飲める歳になって
話をしたらどれだけおもしろいことか。



せめて墓前に日本酒とタバコ一本を供えることしか今はできないね。


また一人で墓参りいくべ。









まだ家族の誰にも言っていないことが一つあってさ、

婆ちゃんが亡くなった時に、一晩中ロウソクの火を灯し続けなくちゃ
いけないっていうのがあったのね。


で、みんな布団を居間一面に並べて雑魚寝してたのよ。

夜中俺はふと目が覚めてまわり見たらみんな寝てんの、
でロウソクは爺ちゃんがひとりで見てたんだけど、

そこで一言、








「いっちゃったのかぁ...    



                   ...大好きだったのになぁ  」







当時10歳の俺にはその言葉の意味を深く理解は
できなかったんだけど



爺ちゃんはいつも婆ちゃんに怒られたり言い合いしてたりしたんだわ。



生前はそんな言葉が出てくる雰囲気ではなかった。




あの歳になって素直に「好き」だと言えるのは
二人がそういう時間を過ごしたからだろうな。




すばらしい。





これは俺と爺ちゃんの秘密です いまだに。



なんか、変な話だけど、 例えば友達の思いを寄せる人を知ってしまった
感じで、

なかなか家族には言えない(笑)





だからもう少し、 秘密にしておこうか。







おやすみなさい
[PR]

by hideo10292002 | 2006-08-28 02:05 | 日常

    江ノ島   

2006年 08月 24日

e0092467_1553164.jpg



ということで先日の日曜日に江ノ島へ。


金子・慎太郎・三浦と俺様。



天気が心配だったんだけどなんとか晴れてくれた。
サンキュー湘南。


高校2年の遠足以来の 江ノ島 。


海岸線はいかにも  海辺の街。

広めの道路に夏季限定の店たちが軒をそろえて並んでる。


海岸線は最高なんだけど...




海が、






汚い。



汚すぎ。



近所の用水路と同じレベル。



菓子パンの袋、コンビニの袋、

海底の足にあたるゴミ。


人間が入る海ではないね。



まぁそれでも砂浜からの景色はビキニのねーちゃんを含めて
いい眺め。


目の保養。






 「眺めてるだけでこれ以上ないくらい幸せなんだけど」



と、金子に告げたら、








 「終わったな」 と返ってきた。




終わったな。



水着のねーちゃん見てるだけで幸せとはな...。



今年初の海水浴はこんな感じだった。





にしてもだ、




帰ってきてから体のいろんなところが痒い。



あんな汚いところに入ったせいだ。




海の水質は国がしっかり調査してて毎年いろんな海水浴場の水質を
発表してんだけど
江ノ島近辺の水質はよく知らないけど
やっぱり海水浴は国内トップレベルのAAA(Aの数が水質レベル)の白浜がいいね。



来年からはきっと今以上に行ける可能性は低くなるけど
行きたいな。



足がつかなくても底が見える海は感動する。




来年は海にいけるだろうか...




おやすみなさい




__________________________________


No.4  サザンオールスターズ  「思い過ごしも恋のうち」





たまに会ってるようじゃ お互いのことわかりはしないだろう
信じられないね
ほれて名を呼び 思いを馳せる女
涙ぐみ 酔いしれる気持ち


だから言ったじゃない
心に残る言葉を言わなきゃ
どうにもならないよ
忘れようにも忘らりょか いつの日も
耐えてなおさら狂える 燃え盛る


男は立てよ 行けよ女のもとへ
背中がうずく時が肝心なのね

あっそう あっそう思い切り そげなこと
できりゃ 嬉しや 昼も夜も恋は楽し


思い過ごしも恋
それでもいい 今のうち
思い込んだら もう

夢見るようでいたいから


___________________________________
[PR]

by hideo10292002 | 2006-08-24 02:47 | 日常

大学生と社会人   

2006年 08月 19日


この差は痛いな。


痛い。



こんなこと書くと一生懸命働いてる人からは笑わせるなと言われるかもしれないけど




なんてったって、 夏休みが “夏休み”ではない。



きっと週末とか休前日ってのは社会人の人にとっては大切な時間であって
同僚と飲んだり、遊んだり。


俺には週末も休前日もなにもない

社会人の仕事の愚痴に、相槌うつのが精一杯だな。


同じ立場で、同じような話ができない...。



あまりに重い一年。



自然と、「遊ぼう」「飲もう」っていう約束も減ったな。



寂しいもんだ。



早く社会に出たいとまわりに言っても、
まぁ今ある自由な時間を楽しめよと返ってくる。


正直、  苦しい。


プライドとかそういうもんじゃないんだけども

なんか苦しい。



あと半年、  なにがなんでも卒業して、

追いつきたい。




旅行も、伊豆も、  なんもない。

人と酒飲んでたくさん話をすることもかなり減った。




それでも、日曜日、海に行く予定がある。


「行こうぜ」と言ってくれる人たちに感謝あるのみ。









今は耐えるしかない。



あと半年はこれをなんとか言い聞かせるしかないな。
[PR]

by hideo10292002 | 2006-08-19 01:08 | 日常

金子家   

2006年 08月 16日


      「寝たら起きない」 


起きない。



金子尚弘。



仕事終わりのユリエも明日は休みということで越谷駅でひろい
金子家へ直行。


ユリエと合流した時点で「連絡する」と金子に言ったんだけどな。

電話にはでない。


で、着いて電話してもでない。


たまらず家電。(23:00)


夜分遅くすいません。



金子マザーによると、「ここで寝てる」と。


金子マザーの怒号が近隣に鳴り響いた。


久々に聞いた、

母親が子供に言う、 「いいかげんにしなさい!」 






22歳。








起きた。



ヨロヨロ出てきた。



「え?  なに?」



まぁ、これでもまわりが嫌にならないのが金子の人柄。




そして今(23:44) ダラダラ....






さぁ、何しようか。
[PR]

by hideo10292002 | 2006-08-16 23:44 | 日常

泊まりでどっか行きたい   

2006年 08月 14日


どっか連れてって。


さて、今はお盆。

昨日は朝からうちの仏様御一行を迎えにお墓まで...


と、おとといはそのつもりで布団に入った。


で、昨日の朝、起きて友達と電話をしたあと一階に降りていき、


いとこと親に「そろそろ行く?」と聞いたら...

もう行ってきたよ。と。




え?



どうやら、寝ている俺に親は「ほら、お墓いくよ~」って声かけたら



寝ながらにして俺は




「えぇ゛~~~~~~~~!!(嫌)」と言い放ったらしい。


だから置いていったと。


これが本心だったのか。


寝ながらにして無意識のうちにでた言葉はそれが本心なのかもしれんな。


まったく俺は覚えていない...。





そして昨日はいとこが鹿児島の芋焼酎を持参したために、



まっ昼間から宴会状態。

親戚のおじさんも来て宴会状態。




あ、そういえば、

昨日、押入れの奥~のほうからヴェルサーチのバッグが出てきた。


なぜ伊藤家にこんなものが。

無縁の一品にびっくり。


事情を聞いたら、昔親が下請けの製造会社で働いていたらしく
かなり安く買えたから買ったんだと。
だからって誰も使わずに、お蔵入りになったらしい。



したら、親父が一言、










彼女にあげれば?












父上、







ぼけたか?










いないだろう。


よくわかってるだろう。






と、いうことで、




ほしい人はあげます。





本当に使ってくれる人なら大歓迎でございます。







とりあえず見たいという人は写メ送りますんで連絡ください。
[PR]

by hideo10292002 | 2006-08-14 15:14 | 日常

早く寝たら早く目覚めた。   

2006年 08月 11日


e0092467_4124661.jpg


で、 この時間。(am 3:53)


早すぎた。



おはようございます。


杉崎姉さんもまだスタンバイ中だろう(めざニュー)



昨日は部屋の掃除をしていたら余裕で半日かかった。
しかもまだ中途半端。
広いのはありがたいが維持が大変。
とりあえず就活の冊子やらパンフやらを捨てた。

それから、飲んでもないのにあった焼酎のボトルやら
コンビニのお茶に付いてる景品群やらをゴミ袋へ詰め、
引き出しの中とか掃除してたら
いろんなプリクラが出てきた。。。

「プリクラ」っていう言葉自体が自分には懐かしいんだけど。

もちろん俺は撮ったことがあんまりないから友人のものばかりだけど、

「あぁ、こいつら付き合ってたんだよなぁ」とか思いながら見返しました。




そうそう、掃除してたらなんかミシミシ鳴り出したのよ、
俺の部屋の構造を知ってる人ならわかるとおもうけど部屋の
一部が外に出てる形になってるのね、
最初は小さかったんだけどミシミシ音が次第に大きくなってきてさ、

まさかポキって折れたりしないよね?

とか思ってたら、

「 ボン!!!」ってどっからか鳴ったんだわ。


よくわかんないべ?


俺もいまだにわかんねーんだよ。


ただ尋常じゃない音だったのはたしか。



ポキって折れて落ちたりしないよね?





う~む...




別にオチはなく、ほんとにいまだに原因不明。




さ、話もうまく落ちないとこでまた寝てみます。



写真は、初!のシー!
きれいなとこなんだね、もっと早く行ってればよかった。

個人的にはインディージョーンズがおもしろかった。



ではオヤスミ☆
[PR]

by hideo10292002 | 2006-08-11 04:13 | 日常

こんばんみ   

2006年 08月 08日


暑くて寝れない...


...




今日はBBQなのに....




クーラーつけっか。









亀田三兄弟のオヤジさんってヤクさん系らしいじゃないか。



この前、朝のニュース番組の企画で疑惑の判定の討論会やってたけど


亀田のオヤジが、「やく みつる」 とのトークバトルの途中で、

「外(スタジオの)でようぜ、おまえ殺す」って確かに言ってた。



そうか、子供達よりも強いんだな。



あーこわいこわい。





さ、寝よ。




__________________________________


No. 3 Bank Band      「 to U 」 より



池の水が鏡みたいに空の蒼の色を真似てる
公園に住む水鳥がそれに命を与える
光と影と表と裏
矛盾も無く寄り添ってるよ
私達がこんな風であれたら...

愛 愛 本当の意味は分からないけど

誰かを通して 何かを通して 想いは繋がっていくのでしょう
遠くにいるあなたに 今言えるのはそれだけ
悲しい昨日が 涙の向こうで いつか微笑みに変わったら
人を好きに もっと好きになれるから
頑張らなくてもいいよ

瓦礫の街のきれいな花 健気に咲くその一輪を
「枯らす事なく育てていける」と誰が言い切れる?
それでもこの小さな祈りを 空に向けて放ってみようよ
風船のように 色とりどりの祈り

愛 愛 それは強くて だけど脆くて

また争いが 自然の猛威が 安らげる場所を奪って
眠れずにいるあなたに 言葉などただ虚しく
沈んだ希望が 崩れた夢が いつの日か過去に変わったら
今を好きに もっと好きになれるから
あわてなくてもいいよ

愛 愛 本当の意味は分からない
愛 愛 だけど強くて

雨の匂いも 風の匂いも あの頃とは違ってるけど
この胸に住むあなたは 今でも教えてくれる
悲しい昨日が 涙の向こうで いつか微笑みに変わったら
人を好きに もっと好きになれるから 頑張らなくてもいいよ
今を好きに もっと好きになれるから あわてなくてもいいよ


___________________________________


いい歌詞だ...


おやすみなさい
[PR]

by hideo10292002 | 2006-08-08 03:35 | 日常

犬と人間   

2006年 08月 06日


金曜日、バイトからの帰路、

あと50メートルで家というところで
脇の民家からいきなり一匹の犬が出てまいりました。




どうもこんばんわ。





思わずブレーキ踏み込んで徐行。


が、


その犬(以下、A君)は「わしの道じゃ」といわんばかりに
横断してきた。

どうやらA君はご年配のようでして、ヨタヨタ歩いていました。


というか、


何時だと思ってんだ?(深夜1時すぎ)

首輪つけてるのに、こんな時間になぜ単独行動なんだ。


...。


とりあえず家の駐車場に車を停め、来た道を歩いて戻ってみて
確かめてみた。



まだウロウロしてる。



散歩????




じゃ、 ないだろう...




おかしい。




家に戻さなくては!

と思い、A君に近づいていったら




素通り。



ここで第一声、「おい」


不思議なもんで「おい」って言ったらこっち向くんだよね。

で、頭なでてまずは仲良くなることに成功。


昔っからなんだけど、俺は犬に普通に話しかける癖がある。



時間的におかしく、犬だけってのもおかしいから

「なにやってんだよ?」と言ってみた。


まぁ、答えなんか返ってくるわけもないんだが。


したら家と思われる家の方向とは逆に歩き出してしまったから


指差して「こっちだろうよ」って言ったらさ、


これがまた不思議なもんで指差した先を見るんだよね。




でもA君、 そのまま逆方向へ歩き続けるわけだ。



帰ろうかなとも思ったけど、

次の日車にひかれてたりしたら嫌じゃん...



その家さ、やたら洋風ちっくで外国を意識した造りでもって高級車が2台あるのよ。



「もしや......」と思って、















「...          House....」












こっち向いたんだけどさ、



あきらかに


「ぁ?」って顔してんだよね。



これはさすがに俺がいきすぎたな。



洋風なのは家だけだな。




その後もなんとか誘導しようとしたんだけど
A君はそんな俺をそっちのけで
あっち行ったりこっち行ったり...






これでいいのかもしれない






とも思った。

犬だって鎖なんかにつながれていたくはないんだろうって
言い聞かせて
帰ろうとしたら、


Aが方向転換して一気に家に向かい始めた。





「そぉ~~、 そう そう 」


「そのままそっちだ!」  





結局、A君はそのまま家の玄関の方へ向かって行きました。





犬を飼ったことがないからわからないが、


あーいう散歩もあるのだろうか。


もしかしたらあの犬は今までこういう散歩で育ってきたのかもしれない。




最後に 「じゃね~」と言って俺も家に帰ってきました。




A君からは 「家に帰りたいんです」 みたいな要求の雰囲気が
終始伝わってこなかったから、
今思えば俺だけが必死で帰そうとしていたのか...

A君にしてみたら、これから夜のお散歩に出発しようかというところに
見知らぬ兄ちゃんがからんできたから
とりあえず今日のところはやめとくか...と思ったのかもしれないな。


バウリンガルがあれば...


真相が知りたい。






さ、夜も明けて来たから寝ますよ。




じゃ、おやすみなさい。






___________________________________


No. 2    サザンオールスターズ  「 Sea Side Woman Blues 」より



“愛”という字は真心で
“恋”という字にゃ下心
江ノ島に明かりが灯るころ
艶(いろ)づくは片瀬川

やるせない今宵の南風
あの日とおんなじ波音のせいだよ
夏の夜の花火と消えたのは
黄昏という名の月明かり
君を抱いた 嗚呼 夜です

悲しくて酔えないこともある
涙を浮かべた水割りのせいだよ
今宵こそ濡れたい雨の中
口づけを交わした傘はなく
ひとり泣いた 嗚呼 夜です

君がいない 嗚呼 夜です


___________________________________



しんみりする歌が好きです(笑)

おやすみなさい
[PR]

by hideo10292002 | 2006-08-06 04:57 | 日常

房総半島ドライブ   

2006年 08月 04日

e0092467_052299.gif


赤いところが今回の旅路。

けっこう走った。

そして今年初の海(海水浴はしてないけどね)


内定が出たら海に行こう計画が徐々に延期しとうとう夏になった。


夏になってよかったと思った。




まずは木更津まで高速道路でビュオ~~~~って行って、
そこからは一般道。
あえて一般道。

ところどころ祭りがやってたりしてローカルさタップリ。

あの独特の “海臭さ” を嗅ぎながら目指すは半島最南端の館山・野島崎灯台!


そして到着。
e0092467_0584668.jpg



はじめてこういう 「石碑」 があるとこ行ったせいか
なんかものすごい達成感。

「あぁ~、最南端なんだぁ~」 みたいなね。


制覇したぜ的なものが込み上げてきました。


そしてその後は鴨川~御宿と太平洋側を走ってきたんだけど、
途中の町でね、「和田町」っていうとこがあるんだけど
そこは日本でも4ヶ所しかないクジラの港があるのよ。
「捕鯨基地」と呼ぶらしいんだけど、

昔はクジラが日本全国取り放題だったみたいなんだけど
取りすぎて生態系がおかしくなったらしく
国の指定した港だけが捕鯨できるようになったらしいのよ。

そのひとつが「和田町」

海岸線走ってると道沿いの飲食店の看板はみんな「クジラ料理」。

けっきょくは食べてないんだけど今思えば惜しいことしたな...
食っときゃよかった。


でね、海見ながら走ってたら沖のほうでもの凄い水しぶきがあがってんのよ。
近くに小さい船がいてさ、何かをひっぱってるみたいなのよ。
海沿いにはお店がたくさんあるんだけど、みんな店の前から
その沖のほう見てんだよ。

「まさか、クジラひっぱんてんじゃねーだろーな...」
と友人と話ながら見てたんだけど、いまだ真相はわからず....

その友人いわく、鴨川の砂浜にはクジラが打ち上げられたことがあるらしい。


まさか岸に近づきすぎたクジラ君を沖まで戻してあげてたのかな。


スケールでかい。

そんなことを話ながら走り、とうとう九十九里まで来た。
そこから内陸の道を通って帰ってきました。

今回の反省点は事前に下調べをしなかったこと。
いろいろ調べて行けばおいしい海の幸を堪能できただろうし。


次はちゃんと計画を立てて行こう。


なにはともあれ、一緒に行ってくれた友達に感謝!!
ひとりで行ってたらこんなに楽しめなかっただろうし、




ありがとう




次はどの半島を制覇しようか?(笑)






おやすみなさい
[PR]

by hideo10292002 | 2006-08-04 02:33 | 日常