カテゴリ:日常( 181 )   

美容師になりました   

2007年 02月 14日


e0092467_1554022.jpg


はいはいこんばんみ~


俺、美容師になりました。




俺様の店はこんな感じ

e0092467_1562534.jpg



ここが自分の城でございます。





...



......



俺が行ってる髪切り屋さんは
従業員が一人。すなわちオーナー兼従業員。


仲良くしてもらってて、草野球とかフットサルとかいろいろ誘ってくれます。

と、先日、

「伊藤君、お願いあるんだけど聞いてくれるかな?」
と言われ、
「今度、店番してもらいたいんだけどさ...俺ちょっと用事あってさ」

と。

それが昨日だったわけ。

もちろんOKしたけど、
客から電話かかってきた時の予約応対のマニュアルも用意してくれて
鍵も前日に渡してくれて。

昨日はなんだか一日美容師気分でした。

朝、自分でシャッターを開け、暖房のスイッチを入れ、

とりあえずコーヒーを一杯。


さて、何やるか...


とりあえずプレステでゲーム。


1時間経過

2時間経過

ゲームやめる。

3時間経過。

4時間経過。



と、そこへ俺に店番頼んだ美容師が用事を済ませ帰ってきた。


...



電話一回もかかってこなかったんですけど...。



俺、店番の役割何も果たしてませんが。




と、そんなこんなで一日美容師体験は終了。



でもバイト代って言ってお金くれた(笑)




なんの業種でも関係なく、 自分の店ってなんかいいなぁと思いました。




いつか海のそばで民宿でもやろうかな





おやすみ
[PR]

by hideo10292002 | 2007-02-14 02:11 | 日常

  ファスナー   

2007年 02月 03日


はいはい、こんばんみ~


今日はバイトだったんだけども、終わったあと店長も含めみんなで
高校時代の大学受験の話とか高校受験の話とかで
帰ってきたのはけっこう遅め。


なんで今の大学入ったんだっけなぁと思った。


当時はあんまり大学進学は望んでなかったんだよね。

できれば働いてもよかったなんて思ってたな。



流通とか経済のことに少し興味があったからなんとなく大学へってのが理由だね。





今テレビでリップスライムのライブが流れてるんだけど、

「常夏のサンシャイン~♪」って曲懐かしいなぁ。



あんま好きじゃないけど。



俺やっぱこういう音楽ダメだ。


もっと胸にグっとくる感じに詩を歌ってくれないと何も感じないよ。



テンポ速すぎる。






話は変わるが今年に入ってもう一ヶ月過ぎたんだな、
早い。テンポ速い。

今の時期の一年はほんとあっという間に過ぎるんだろう。
その中で 「あ、今が一番体力も気力もあるから...」って思って直面する“事”に
体当たりするべきなんだろな。


きっとそれは難しいし、辛くもあるんだろうけど、

オッサンになって「俺たいして辛いこと経験してこなかったなぁ」って思いながら
酒呑みたくいし
「あんときほんと苦しかったなぁ」って思い出しながら呑む酒のほうがおいしいだろうな。



たいして充実してなかった大学生活だ、
これから始まるだろう(まだ卒業決定してないけど)社会人生活には体当たりで
ぶつかりてーな。



あと恋愛。



社会人になったら身も心も素っ裸(笑)になれる人と出会えるように願おう。




なのに最近ていうかずっと前からこの歌の歌詞が大好き。


        ↓



========================================

Mr.children   「ファスナー」




昨日 君が自分から下ろしたスカートのファスナー
およそ期待した通りのあれが僕を締めつけた

大切にしなきゃならないものが
この世にはいっぱいあるという
でもそれが君じゃないこと
今日 僕は気付いてしまった

きっと ウルトラマンのそれのように
君の背中にもファスナーが付いていて
僕の手の届かない闇の中で
違う顔を誰かに見せているんだろう
そんなの知っている

帰り際 リビングで僕が上げてやるファスナー
御座なりの優しさは 今一つ精彩を欠くんだ

欲望が苦し紛れに
次の標的を探している
でもそれが君じゃないこと
想像してみて少し萎えてしまう

もしも ウルトラマンのそれのように
総ての事にはファスナーが付いていて
僕が背中見せているその隙に
牙を剥くつもりでも 信じてみる値打ちは
あると思えるんだ

きっと 仮面ライダーのそれのように
僕の背中にもファスナーが付いていて
何処か心の奥の暗い場所で
目を腫らして大声で泣きじゃくってるのかも

きっと ウルトラマンのそれのように
君の背中にはファスナーが付いていて
僕にそれを剥がし取る術はなくても
記憶の中焼き付けて
そっと胸のファスナーに閉じ込めるんだ

惜しみない敬意と愛を込めてファスナーを・・・




==============================




身も心もYKKを使わないように、


それが恋愛の掟なのかもな。


別れの選択であってもね。







おやすみ
[PR]

by hideo10292002 | 2007-02-03 04:34 | 日常

遅れてしまいましたが...   

2007年 01月 30日


e0092467_2144713.jpg



無事に、試験を終えることができました。


「勉強したぶん、テストはできる」


そう、友人が言ってくれて、

きっと高校入試、大学入試以上に勉強したと思う。


体は疲れてるんだけども、毎朝8時頃に目が覚める。

そんな習慣もこれからはきっと大事な習慣。




最後のテストのテスト用紙に学籍番号と名前を書く時、
ほんの少し寂しさを感じた。

早く卒業したくて、
大学なんてクソくらえだと思っていたんだけども
最後の最後には不思議と寂しさが。


この学籍番号もこれで最後となるのかと。



結果が出るまで卒業は確定しないけども
今までで一番手応えはあったと思う。




さて、これから4月までどうしようかな。



まずは部屋の掃除して、友達と酒呑んで...



4月にむけて準備をします。





写真は 「ここに来るのも最後かな」 と思って
お気に入りの屋上から、

最後の缶コーヒーを飲みながらの一枚。



では!
[PR]

by hideo10292002 | 2007-01-30 02:16 | 日常

九死に一生を...   

2007年 01月 24日


23点。


先週の金曜日に受けた「組織行動論」というテストの結果。


100点中23点。


前期とあわせれば200点満点中、83点。


授業内容はすんごくオモシロイ。
先生も若いし、フムフムって納得できる授業スタイル。

が、しかしだ、

前期の授業の際に「あきらかにカンニングした」と思われる答案があったらしく
その先生いわく、

「後期のテストは気合入れて難しくしましたから」  と。


しかもテスト始まる3分前に言うんだよ。


冷や汗、絶望感....
さまざまな危機感に襲われたテストでした。

予言通りクソむずいテストでして、

この授業は4単位もらえるテストでして...



ぜんぜんできないままテスト終了。





で、23点。






が、







4年生マジックが起こるんだよ。




みごと単位認定のギリギリ 「C」 をもらえてた(笑)




大学とは4年生にだけ奇跡がおこる不思議な場所。




西新井大師で厄払いしてもらった効果だろうか...
死んだ爺ちゃんと婆ちゃんが手を貸してくれたのだろうか...





社会人生活ではこんなことは起きない、



この結果を学生から社会人になるために “肝に銘じとけ” という意味での
最後のメッセージとしてくれたのか。

「学生だから」 はもう終わりにしろという意味だろうな。



嬉しいけども、よく考えれば
俺はまだ甘いということ。


単純に喜ぶことはできるけども、

こういう意図的に動かしてくれた結果に喜ぶだけじゃなく、
そっから何学ぶかが社会人生活を始めるまでの準備運動なんだろうな。

4月からは、教授も、テストもない。


自力だけを武器に生活するしかない。



今はまだ甘い。




だからこそ、





留年もして、一年多く学生やってる自分を普通の学生とは捉えないで、
仕方なくとも捉えないで、





終わりにするしかない。
自力で。






まぁ、テストの怖いところは手応えがあったからって単位もらえるとは限らないとこ。

過去にそういうこともあったし。

2月の成績発表を待つしかない。



でも、テストがすべて終われば気持ちはかなり楽になる。
楽になることを望むのがいいことかは、わからないけど。


いまはそこに向けて頑張るしかないね。



じゃあ、また土曜日に!
[PR]

by hideo10292002 | 2007-01-24 02:12 | 日常

最後の一週間にしなくてはな   

2007年 01月 22日


2004年、今から3年前の2月28日、

たった①単位足りず俺は3年生になれませんでした。


“心身ともに”という言葉通り、気持ちは底に落ち、体重も3キロ落ち、
すべての歯車を自分で狂わせ、大学生活をすでに諦めました。


サークルなんて楽しくない。
ほとんどの授業はおもしろくない。



大学はおもしろくない。




今もそれは変わらない。
きっとこの先も大学に対してはいい印象は持たない。



でも、なんとしても今年は卒業したい。



卒業して働きたいっていう単純な思いもあるけど、
もうこれ以上意味のない生活はしたくない。





あと一週間、

最後の一週間にしたい。



がんばれ俺、

社会人に比べればプレッシャーも体の疲労も
なにもかもまだ子供程度の今を
しっかり卒業でおわりにしなくては。




今週の土曜にまたブログ書きます。


では
[PR]

by hideo10292002 | 2007-01-22 02:57 | 日常

いつものパン屋   

2007年 01月 13日


最近、土曜日の午前10時くらいに家の前の道を、

「どうも、ポンテザール(パン屋の名前)でございます、おいしいパンを
 どうたらこうたら...」

とマイクで流しながら通る移動販売のパン屋がいる。


しかも伊藤家をちょっと過ぎたあたりでいつも停車して客を待っている。


以前、試しに買ってみるかと、寝起きのまま買いに行ったことがあるんだけども
これはなかなかイイ。

パンの種類も豊富で飲み物だってたくさんある。


で、今日、夢の中から現実に戻ってくる直前でそのマイク音が聞こえた。


まだ意識がボワァ~としてる中で、何買おうか考えて、
今日はウインナーが挟まってるパン食べよう!
と決定し、布団から出て財布を持ち、
寝グセ大爆発の頭で外へ。

が、しかし、いない。

とりあえず近所ウロウロしてみたけど、いない。


なぜだ。マイクの声聞こえてから5分程度で家を出たはずなのに。

自販機でレモンジュース買って帰ってきた。


なんでいねーの?。

時計の針は11:00をまわってた。




ん?




11:00?


マイク音流しながら来るのは、たしか10:00。


てことは、

マイク音聞こえて、
朝ごはんはどんなパン食べようかあれこれ考えて、
ウインナー挟まってるパン食べようと決まり、
布団から出るまで

1時間も経っていたのか。


考えすぎた。


結局、パンは食べられずに昨日の夕食のあまりを食べた。



来週こそは必ず食べてやる。
[PR]

by hideo10292002 | 2007-01-13 23:31 | 日常

遅れましたが、   

2007年 01月 10日


あけましておめでとう。


大晦日は前日(30日)の、いろり家忘年会の影響で朝帰ってきまして、
少し寝て、起きたら、
親父が家のまわりの木を切ったから後片付けの手伝いをしてほしいと。

すぐに風呂に入り、髪も乾かさずに外へ。



寒い...



気が付いたら足は震えるし、頭は痛い...



やばい...。



カコナールを買ってきて飲んだけどやっぱり体調が悪い。



金子達からのお誘いも断り、大晦日は格闘技イベントを見て過ごしました。





年が明けてからは試験のことしか頭になく、なぜか毎日焦りが消えません。




あと少しの辛抱だ。


なんとか卒業してみせるぜ。




今月はブログの更新がほとんどないと思うけども、


今年一年も皆様よろしくおねがいします。




では
[PR]

by hideo10292002 | 2007-01-10 22:55 | 日常

壊れたか地球よ...   

2006年 12月 27日


階段の温度計...  18度。
12月27日にしてこの気温はオカシイ...。


風の強さも春一番のような感じ。


日本から冬がなくなる日も近いかもな。



さて、話は変わりますが

今年も残すところあと4日。

毎年、全国公募で募集する1年の世相を表した漢字というものがある。
清水寺の和尚がでっかい紙に書くんだけど、

今年は  「命」    (ちなみに去年は愛)

くわしくは ここ


なんてったって自殺ブーム到来だったからなぁ。

他にも、
肉親同士の殺害。
同級生同士の殺害。


それと、自ら生きることを諦めた人間の歳が若すぎる。


なにも小学生・中学生のうちから死ぬことなんてねーのになぁ。


これから楽しいってのに。

せめてお酒呑める歳までは生きるべきだったな。







さ、これからバイトです。
高校卒業と同時に始めたこのバイトも5年目。

この年末の忙しさも最期か(たぶんね...笑)


あ、おいら、 今日と28日と30日に「いろり家」にいるんで
暇な人来てね~~。



じゃ、いってきます。
[PR]

by hideo10292002 | 2006-12-27 15:01 | 日常

師走   

2006年 12月 25日

e0092467_16103092.jpg


また今年もこの日が来たぜ。


毎年恒例の楽しみ。


ビール呑みながら見た。


けど今年はつまらなかったなぁ。


もっとハプニング的なこと起こってほしかった。




昨日は朝から親に叩き起こされ
年末の買い物に付き合わされた。

そして家に帰ってくると同時に大掃除。

毎年クリスマスは大掃除。


そろそろこの孤独な生活もゴミ箱に入れたい。
一気に掃除機で吸い取ってキレイにならないものか...。




さて、話は変わるが先日、
北の方の友人と久しぶりに電話。
そいつん家には大きな黒のラブラドール犬がいる。

その犬がどうやら男と女の間をさまよっているらしい。

性別はオスなんだけど乳癌になってしまったんだと。

ホルモンバランスが崩れてまさにオカマ状態。



こんなに可愛そうなことはない。

原因はわからないらしいが、
こんど治してやろう。

男としての湧き上がる血潮を蘇らせてやる。


まってろ!





じゃ、今日はこのへんで
[PR]

by hideo10292002 | 2006-12-25 16:25 | 日常

屋上   

2006年 12月 22日

e0092467_3424996.jpg


冬空はほんとに美しい。


これは学校の屋上。


いつも一人で缶コーヒーを飲むときはここ。



この日は補講期間ということもあって人はいない。



ただ一人、屋上のベンチで缶コーヒーを飲む。




俺は甘い。




写真に写ってるビルの中、ビル群の市街地、
同じ年齢の人間が働いている。
よく知っている友達も必死で働いてる。


俺はそんな景色を見ながらコーヒー。



甘い。




あと1、2ヶ月、

無事に卒業できたら
無意味な1年を取り戻すため必死で働きたい。








葛藤は続く....。





なんとしても卒業...それはわかってるんだけど、
そこまで必死になって得るものは

「新卒」という肩書きだけ。


職の技術も、ビジネス界のマナーも、
授業では教えてもらえない。



もらえるのは大学卒の証だけ。



社会人になるための土台にはならんよ。



そんなもの無くても社会人にはなれる。








しかしだ、



高校3年のときに、この大学に入りたいと思った自分は事実。





卒業にむけて教科書開く自分と

その教科書を開くことが社会にでるには何の役にもたたないと思う自分。








ま、今はテストのことだけを考えるべきだな。







なんとしてもフル単とりたいぜ。







じゃ、おやすみ
[PR]

by hideo10292002 | 2006-12-22 03:57 | 日常