どうも、こんばんみ   

2007年 06月 12日




そろそろ梅雨入りらしいな、湿度も上がってきた。


あいかわらず、たいした話題はないです。


今朝起きたらいままでに感じたことのない気だるさ。
昨日の晩、鼻水止めの薬飲んだあとビール呑んで寝たのが
まずかったのだろうか。

まったく頭も体も働かない状態で起床。
平衡感覚も危うい。

飯食って運転して出勤して、それでも治らん(怒)


ほんとにやばいと思ったわ。

睡眠時間も少し足りてない状況が疲れを増幅させたのもあるな。



で、仕事が終わるちょっと前に復活してきた。



最近思ったのは、大学の卒業式が遠い昔に感じる。
つい3ヶ月前のことなんだけどもう1年くらい経ってしまったような。

それだけ充実した毎日を送れているんだろうな。



話はかわって、先日バイトに顔を出したら
一緒にバイトをしていた一個下のやつが、彼女から
「他に気になる人ができた」 と言われたらしい。


2年以上の付き合いになるのかな。


そいつは仕事もうまくいってなくて、心身ともにドン底のところへ
さらに鉄槌。

彼女が唯一の心の休まる存在だったはずなのにな。
そんな彼女からも厳しい立場に追いやられてしまったらしい。


どうやら仕事をしてから連絡取れる時間も少なくなって、お互い不定休っていう
付き合いにはマイナスの状況が続いてたみたいだ。

まぁ流れとしては 「自然」 と捉えることはできるかもな。
少なくともフルほうの彼女にしてみればそう捉えてるかも。
少しの痛みを持って。


が、フラれるほうは違う。
「素でいられて・好きで・救いで」 この3S(笑)の存在を失うのは重傷だわな。

たしかに仕事を始めてからの二人の状況を見れば自然だとしても
あいつにしてみたら自然とは受け入れがたい。

ただ、その今の状況を覆すほどの気力があいつにあるだろうか。

そもそも今だけを乗り越えることに気を張ってたら長い目線の付き合い
を見れなくなってしまう可能性もあるのでは。



うむ。  つくづく恋愛とは難しいものだ  と思う。
こういう話を聞けばなおさらな。



その彼氏のほうな、なかなか男としては筋の通ったやつなんだわな。
俺が言うのもなんだが。
かといって彼女のほうも軽い子ではないみたいだ。むしろ真面目でハツラツとしてる
らしい。
彼氏が知る限りは。


他人だった二人が思いを寄せて他人じゃなくなって付き合い始める。
その、お付き合いの途中でどっちかが他の人に思いを寄せてしまったのなら

それを責めることはできないかも。

それも仕方のないことだと思う。

それでまた新しいお付き合いが始まるんだしな。


きっとフラれるほうは同じくらいの傷の痛みを相手に感じて
ほしくなるんじゃないかな。
それでもって自分のことをわかってほしいと最後の悪あがきをすのだろうか。

いま、あいつはそう思ってんじゃねーかな。



プラスとマイナスの落差がありすぎる。




それでもそこに足をつっこもうとするんだな。




今日の恋愛談義はこのへんで(笑)




おやすみなさい
[PR]

by hideo10292002 | 2007-06-12 22:50 | 日常

<< 突然ですが... 疲れてきたぞ >>