唄いこみ。   

2007年 05月 24日

e0092467_295322.jpg


と、いうことで久しぶりに金子登場。


久しぶりにカラオケへ。



あいかわらず金子は声量大。


マイクのエコーは相変わらず限りなくゼロ。



やっぱり俺らだけだと選曲はミスチル。

金やんあんたはマイクが似合う!


次は俺、金子、敦彦、三浦でカラオケ大会を開こう。



2、3年前なら余裕でフリータイムで歌ってただろうけど
今はお互い次の日の仕事を気にして1時間。

ここが変わったとこだろうか。

他にはたいして変わってないのに悲しいもんだ。


いつも3人なのに土田を呼べないことも変わってしまったことだろうか。



伊豆にも行けない。



ま、あんまマイナスに考えてもナ、いかんし。
また時間が合えば遊ぼう





話は変わって今日は母ちゃんに打ち明けたことが...


うちの母ちゃんは3人姉妹。


俺が高校2年の時に今の家に引っ越すまでは母ちゃんの母親&父親、
つまり俺にとったら婆ちゃん&爺ちゃんと一緒に暮らしてた。

爺ちゃん婆ちゃんと一緒に暮らしてたときは母ちゃんたち3人姉妹は仲がよく
しょっちゅう伊藤家に来てはあーだこーだ世間話して当然のように
俺らイトコ同士も仲が良かった。

窓と雨戸を閉め切って親族一同カラオケ大会なんてこともしてたらしい
(俺は幼かったから記憶は乏しいがね)


でも、婆ちゃんが死んで、そして爺ちゃんが死んだ後、遺産相続のことで
大きな亀裂が走ってしまった。


「金の切れ目は縁の切れ目」という意味合いが適当かはわからないけど

それ以来、うちの母ちゃんと一番上の姉とは音信不通。


法事で数年に何度かは同じ場に居合わせたことはあるけども
何も話さない。


うちの母ちゃんは末っ子で、次女の一家とは仲が今でもいい。

月に何度もカラオケに行ってる。当然俺も仲はいい。

同じように母ちゃんと音信不通の長女とその次女も仲はいい。


言うならば次女一家は中立の立場。




俺はここ何年も長女一家とは顔を合わせてなかったんだよ。
それこそ学ラン着てる時から今に至るまで一回もね。



もういまさら、「秀男です、お久しぶりです~」なんてお宅訪問するのも怖かったし
そんなことしても何も意味はないと思ってたんだな。

でも3月の末に、大学の卒業が決まって社会人になる報告だけは自分でしたかった。


幼いころから身近にいた一家だし、記憶の中に強く残ってる親族だから
やっぱり節目には顔を合わせたい一心で、意を決して数年ぶりにその家の
ピンポンを押しました。



そしたら、長女であるおばさんが出てきたとき、
冗談じみた表情で「どちらの秀男さん?(笑)」


ほんとに嬉しかったし懐かしかったなぁ。






遺産相続の時から長女一家と音信不通になってる話を母ちゃんとした時に
決まって俺が言うせりふは 「俺には関係ねーから」 という言葉。


建前だね。


たしかに関係はないし、俺に金銭的なペナルティがあるわけでもない。

でもやっぱり、この3姉妹が不仲になったのは虚しいんだよね。



俺が3姉妹家族の子供の中で一番年下だったから可愛いがられてたってのもある。



その長女一家の家を訪問して、この音信不通の数年に伊藤家に起こったこと
とかを話した。


そこのうちの息子(俺にとったらイトコ)は今年で34歳になる。

俺が幼いころにいろいろ遊んでくれて、弟分のように接してくれた人でもある。



その人がいつも、「相続の問題は俺には関係ねーから」と言ってたらしい。


ほんとにビックリした。


イトコ同士考えは一緒だったみたいだ。



そのイトコも何の気なしに伊藤家の近く通ったりして
家の前に俺の親父か母ちゃんがいたら「あ、お久しぶりです~」ってな具合に
ならないもんかとここ数年思ってたらしい。


考えは一緒。



俺らには関係ないけど、母ちゃんたち3姉妹の血縁は無縁にしてほしくない。





「秀男も23になったか、ずいぶん長く会ってなかったな」

「今度、、、、呑みに行こうぜ」

と言ってくれた。



おまえと俺はなにも利害はねーんだからと。




この誘ってくれた長女一家のイトコ、中立の次女一家のイトコ、そして俺と俺の姉、

この4人は無縁ではないし音信不通になる理由はない。




酒を交わそう。





そしたら何か起こるかもしれない。





また、3姉妹家族が揃って親族カラオケ大会が開けるかもしれない。





いまこそ孫一同が行動にでる機なのかもな。






一番悲しく、虚しく感じてるのは産みの親の墓に入ってる爺ちゃん婆ちゃん。






3姉妹が元気に生きている間に3人揃って墓前に立ってほしい。






そこで初めて爺ちゃん婆ちゃんは報われる。








血縁の遺産相続問題に関わらず、小さいことでも
意地を張るのが人間だけども、意地を張らずに一歩ずつ前に出られるのも
また血縁でつながる人間。






さて、この3姉妹、どうなることやら。








おやすみなさい
[PR]

by hideo10292002 | 2007-05-24 03:03 | 日常

<< 最近釣りいってねーな 創造的“破壊” >>