創造的“破壊”   

2007年 05月 22日

e0092467_2205538.jpg



ばこ~~ん。



車のドアというのは外側と内側に分かれてて
そと側は目で見えるように鉄板。

内側には電気配線とかいろんなコード群が密集しております。


もちろん画像のようにスピーカーもある。



そこで今日の本題、スピーカーの交換。



先日、友人と飯を食べに行った時、運転席側のスピーカーから異音が...


曲の中の低音が効くとブ~って鳴ってしまうようになった。



音割れですな。



こうなってしまってはスピーカーはもう使い物にならない。

デリケートな作り物だからこうなったら交換時期。



ということで、まずは新しいスピーカーを購入。


2万...。


高いけどこれくらいじゃないと音質は変わらない。


それからスピーカーを取り付ける際の土台になるバッフルという木材も購入。


工賃くらいは浮かそうっていうことで取り付けは自分でやりました。


壊れたほうのスピーカーは中・低音と高音を分けて出すタイプのやつだったんだけど
新しいのは一体型。
一体型のほうは音質は下がる。

つまり臨場感が下がる。


まぁでもいいかなって思って一体型にしました。



電気配線がちょいと難だったけど何とか取り付け終了。



そしてガソリン入れるついでに視聴ドライブしたんだけど
やっぱり前のスピーカーのほうが1ランク上かな。
臨場感があまりない。


でもそのぶん前より音がまとまった気はする。





スピーカーを純正のものから市販のものへ交換するのは金額的に
簡単なことではないけども交換すると音質は驚くほど変わる。


4年前、最初に正樹んちに頼んで市販のスピーカーに交換してもらった時
信じられないほど変わったな。
CDとかMDを再生するこういうの↓

e0092467_2235454.jpg


を市販のメーカーのものに交換するだけでも音質は少し変わる。
(写真は実際にプレミオ君につけてるもの)


けど、↑の写真のメインユニットって呼ばれるプレイヤーが
例えば100のパワーを発揮できるとする(100っていう数字は音質のパワー)

なのにスピーカーは50までのパワーしか発揮できないなら、実際に耳に
聞こえてくるパワー(音質)は「50」ということになる。


その逆にスピーカーが100のパワーを音として発揮できるのに
メインユニットが50のパワーしか発揮できないなら、これまた
聞こえてくるパワー(音質)は50となる。


メインユニットとスピーカーが両方とも100のパワーを発揮できて初めて
耳に100の音質が聞こえてくることになるのです。


例え下手な俺ですので

「俺も(私も)音質良くしたい」っていう人はご一報を。


それなりにお金はかかりますが、絶対に損はしません(笑)






No music     No life




おやすみなさいませ
[PR]

by hideo10292002 | 2007-05-22 22:52 | 日常

<< 唄いこみ。 新しいデジカメを買いました。 >>