表舞台とその裏舞台   

2007年 05月 10日


e0092467_0424416.jpg


買ってしまったぜ!


仕事帰りに買って聞いて帰ってきた。


いいねぇ~。


一曲目の 「君のこと意外何も考えられない」

いいねぇ~。



小さい頃、なんかのテレビコマーシャルでこの曲が使われてて
その当時はミスチルだなんて知らなかったけど
口ずさんでいたのは間違いない。

それから何年か経って姉が中古で買ってきたミスチルのCDのカップリングに
この曲が入っててそこで初めて知ったね。


いい曲だ。ストレートで純粋。


恋愛にあーだこーだ理由つけて自分よがりにしてる連中はたくさんいるけど
そんな自分のこと大好きでカワイくて仕方ありません人間は
聞いても何も感じないだろね。



歌ってる本人ですらバツイチ。
そこがまたオモシロイ。



ま、恋愛から遠ざかってる俺が偉そうなこと言えないんだけどもね(笑)



このアルバムは B-side ってタイトル。


B面集ってやつ。


ミスチル的にはA面では出せなかった素のミスチルのその時代ごとの心情が
B面に詰め込まれてるらしい。



いろんなドラマの主題歌、映画主題歌、事務所の意向等 “他” の何かを意識しながら
作ったA面の曲にはないどこまで掘り下げても自分自身だけの感情。



それが集まってるアルバム。





A面ではすごくいい曲を歌っててもB面ではそれすらも罵倒するかのような
正反対の感情とかね。





俺はいま病院で仕事してっけど、病院側の人間にはいい顔するのが当然だし
患者が食べる食事はそれなりにおいしいだろうし、
クライアント側にストレスを持たせないのが常。


でも病院関係者の目の届かないところでみんなで文句言ってたり、
ほんとは計算上バッチリ管理されてるはずの患者が食べる物も
数字ではじき出した分量とは関係なく自分らの都合で手間省いて出したりしてる。


その逆で、何か問題が起こったときは絶対に病院側には迷惑かからないように
直しつつ個人個人が負担を多く背負って、
なんとか「がんばろう」っていう雰囲気にもなる。


表舞台と裏舞台はいろんなとこにある。



勤務先では疲れた表情一つ見せないで、「若いですからぜんぜん余裕です」
って顔してっけど、
家に帰ってきて鏡見ると死んだような目。



現実はいつも裏側にあるのかもな。






だとしたら仕事とはなんぞやの疑問にぶつかりそうになってきたから
回避して寝るわ。




まだまだ青二才!




がんばるぞ~~~~~~






おやすみ
[PR]

by hideo10292002 | 2007-05-10 01:35 | 日常

<< 明日の出勤、朝5時... 俺らゴールデンウィークなんてあ... >>