屋上   

2006年 12月 22日

e0092467_3424996.jpg


冬空はほんとに美しい。


これは学校の屋上。


いつも一人で缶コーヒーを飲むときはここ。



この日は補講期間ということもあって人はいない。



ただ一人、屋上のベンチで缶コーヒーを飲む。




俺は甘い。




写真に写ってるビルの中、ビル群の市街地、
同じ年齢の人間が働いている。
よく知っている友達も必死で働いてる。


俺はそんな景色を見ながらコーヒー。



甘い。




あと1、2ヶ月、

無事に卒業できたら
無意味な1年を取り戻すため必死で働きたい。








葛藤は続く....。





なんとしても卒業...それはわかってるんだけど、
そこまで必死になって得るものは

「新卒」という肩書きだけ。


職の技術も、ビジネス界のマナーも、
授業では教えてもらえない。



もらえるのは大学卒の証だけ。



社会人になるための土台にはならんよ。



そんなもの無くても社会人にはなれる。








しかしだ、



高校3年のときに、この大学に入りたいと思った自分は事実。





卒業にむけて教科書開く自分と

その教科書を開くことが社会にでるには何の役にもたたないと思う自分。








ま、今はテストのことだけを考えるべきだな。







なんとしてもフル単とりたいぜ。







じゃ、おやすみ
[PR]

by hideo10292002 | 2006-12-22 03:57 | 日常

<< 師走 金子バースデー >>