外人は...   

2006年 06月 28日

e0092467_1131351.jpg



キレイだ...。


そして、

e0092467_1135886.jpg


絵になる...。


ワールドカップの試合中継を見てると、試合の合間にところどころ世界各国の
サポーターの映像が映る。

外人女性はキレイだねぇ...




もちろん、やまとなでしこ も、おキレイなんだけどさ...。



さて、ワールドカップも日本が敗退し、日本では下火ぎみ。
それでも2002年の日韓大会でサッカーを好きになった人が増えたのか、
電車の中とかは女の人でも日本以外の試合の話をしてる。

そう、W杯は決勝トーナメントに入ってからがおもしろい!

いままでのグループリーグは一試合負けても 「次を勝てば」 っていう
のがあったけど、
トーナメントに勝ち進んだ国は負けたらそこで敗退。
敗者復活とかそんなもんはない。
どの国も必死。

いま背中の先で流れてるブラジル対ガーナの試合でも
“王者” だからって手を抜いてるブラジルじゃない。
必死で勝つことを狙ってる。


日本はこういう 「必死さ」 が足りないんだよね。


お金とスポーツを結びつけるのは良くないけど、
サッカーで飯食べてる日本人は、極端に言ってしまえばW杯がなくても
飯は食べ続けられるし、W杯が終われば各クラブに戻っていつも通りサッカーする。


が、特に今回のW杯に出場したアフリカの国とか、あまりサッカーでは有名では
なかったりその国の経済状況が良くない国の選手は一人一人が必死!!
W杯には世界中の各クラブの「スカウトマン」がたくさん来るのね、
W杯の試合でいいプレーをすれば有名クラブへの移籍が実現するわけだ。

そうすればもちろん自国にいるよりもお金はたくさんもらえるし、生活レベルも
格段にアップするわけ。


だから、がんばる。

勝とうとする。


ブラジルとか、アルゼンチンとか、イタリアとかイングランドとか...

選手一人一人が何億も稼ぐ国は 「サッカー大国の威信」 がある。

幼い頃から、サッカーが根強くある文化の中で育ってきたから
サッカーに対する熱意と環境がまっっったく違う。



日本は、プロのサッカーリーグが誕生してまだ10年ちょい。
逆に言えばサッカーで飯を食べる生活が誕生してまだ10年ちょい。

文化も、熱意も、なにもかもがまだ 発展途上。





じゃ、 日本は集団スポーツで何が強い...?




今回のW杯、この日本のサッカーの弱さを象徴してる国が日本以外にあるんですよ。




......



アメリカ。





ベースボールの国。




この前のワールドベースボールクラシック、 日本は優勝。


アメリカはもとより、日本も昔から野球の文化は根強くあった。
ノウハウの蓄積も、若い子供達の育成も、
歴史と技術がある。


そういう分野は強い。


が、



サッカーはない。


何年か前に、日本サッカー協会が小学生くらいから高校生くらいまで
勉学も含んだサッカー中心の一貫教育の教育施設を開校したばかり。

世界のサッカー大国にはこんな施設はたくさんある。




これじゃ勝てない。





“国をあげて” 戦わなくちゃW杯は勝ち進めないんだろうな。


歴代の優勝国はみんな強豪国。


球を蹴るのを生活の中心にしてきて育ってきた人間がいる国はやっぱり強い。





日本はあと10~20年は優勝できないだろうね。




でも、盛り上がる...





それがサッカーなのかな。






おやすみなさい。
[PR]

by hideo10292002 | 2006-06-28 01:41 | 日常

<< 未熟だ。 見なかった。 >>