マーケット・マーケティング   

2006年 06月 01日


e0092467_0393692.jpg



マーケティング学科。


最近はこの 「マーケティング」 っていう言葉のオモシロさにはまってる。


定義はない。 自論ではね。


この4年間、なんでこんなにオモシロイ分野の授業がある学校に行かなかった
んだろうって自分でものすごく後悔しています。



“モノ・サービス” が作られて、世に登場するまでの過程が、 いわばマーケティング。


消費者が求めてるモノはなんなのか?
どういうコンセプトが今の消費者には効果的なのか?
         .
         .
         .

マーケティングの分野で扱うテーマは底がない。


なぜか?



時間は動き続けていて、その中にある社会、生活は変化し続けるから。


形も型もない、 それがマーケティング。

あるのは生産と消費の関係だけ。
その生産~消費を軸にたくさんのスタイルで世にモノ・サービスを登場させる。





ここ最近のカップヌードルのコマーシャル、
または朝日新聞のコマーシャル、

見たことある人がほとんどだと思うけど
カップヌードルのコマーシャルなんかは多くのことを読み取ることができる




カップヌードルは食品。
食品でありながらカップヌードル本体が画面に登場するのは
ほんのわずか。
あとは紛争が続く不安定地域で生活する子供や一般市民の苦しい現状や笑顔。
最後に 「NO BORDER」 のテーマ。
いわば平和・自由のアピール。


「食品=平和・自由」 これはどう考えても普通なら結びつかない。


でも、みなさん、







感動するでしょ?あのコマーシャル。

コンビニでカップヌードルを見たら自然とあのコマーシャルが頭によぎるはず。
ミスチルの歌も流れるはず。

カップヌードルっていう昔からある商品のイメージがはっきりと頭に思い描けるように
なったはず。
「NO BORDER」のイメージとミスチルの曲。

これは偶然ではなく、日清食品の “意図” なんだよね。


じゃあ、なぜ世界平和・自由とカップヌードルを結びつけたか...




これはコマーシャルを見てるだけじゃ気付かないこと。

カップヌードルは日清食品の看板商品で、
何十年もカップ麺市場のシェアを獲得してきた商品なのね。
で、
日清はこのカップヌードルに替わる新しい看板商品の開発に何年も前から
取り組んできてるのよ。

でも作れない。

作れないから、今ある看板商品のカップヌードルにもう少しがんばってほしい...

実際、カップヌードル以上に “おいしい” って感じるカップ麺はたくさんある。

けど、新看板商品が生み出せない。




ここで、おさらい。

なぜ世界平和・自由とカップヌードルを結び付けたか??




A.

①カップヌードルの新しい斬新なイメージ・コンセプトを消費者に植え付けたい。

②次の新看板商品が生み出せるまで、今あるカップヌードルの寿命を
  長く伸ばせたい。


このへんが答えだろうか?


でもね、これは結果として見える(コマーシャル)ものを見てる消費者側の俺ら
だからこうやってすぐ書けるんだけど、

じゃぁ、あのコマーシャルを作るに至った生産者の日清食品と広告代理店は
まったくのゼロから作ったっていうことになるんだよね。
結果的に消費者の “感動” と “新しいカップヌードルのイメージ”を
作ることができたんだから成功。


ここがマーケティングのオモシロイこと。


今回書いた内容は
ものすごく 「広告」 の分野に入ってる内容だから
純粋なマーケティングの領域のことではないんだけど、



「見えないところから、見える形を作り出す」



これがオモシロイ。




マーケティングのプロに言わせれば↑は「それはマーケティングの隅っこの一部」
って言われてしまうかもしれないけど。



朝日新聞も一緒だと思ってください。



社会ってね、

不安定にあるときは、安定を求めて
安定してるときは、不安定を懸念する。

らしい...。   なんかの授業の先生が言ってた。




人間も一緒だと思う、


ものすごく前向きに物事が進んでて、幸せでいる時はそれが崩れてしまうこと
を不安に思って、

ものすごく物事がうまくいかない時や、幸せでない時は もっと良い状態を
求める。







4月から新社会人になったみんなは
ちょうど2ヶ月が経つんだな。

「こうなったらどうしよう、こういう風になってほしくない」
っていうような不安を感じる時があるならば
それは今が「安定」してる証拠だと思う。

だったら、不安に押しつぶされそうになっても今の自分に自信を持ってがんばって!!



誰でも不安はあるよな、仕事のこと、人間関係のこと、恋愛のこと。

その少しの不安要素が実は自分のケツを “ガンバレ” と叩いてくれているんだろうと
俺は思っています。





少しまとまりが悪いけど

今日はそんなことを思いました。





じゃ、おやすみなさい
[PR]

by hideo10292002 | 2006-06-01 01:47 | 日常

<< 2006  Germany ... 見ちまった...... >>