死んでくれないですか?   

2006年 03月 10日

e0092467_145674.jpg



ということで、先日、

うちの母ちゃんが出勤途中に事故られました。
怪我はないけど鞭打ちです。

相手の方、もちろん死んでくれますよね?

e0092467_1204239.gif



相変わらず絵のセンスがないので申し訳ありませんが、


母ちゃんが直進していたところへ、
右折待ちしてたバカ(女性)が何を思ったか突っ込んできました。
きっとテロだね。

母は救急車で運ばれ、バカ一味の誰かも運ばれたらしいです。


そして数日後、とんでもないことが起きた。


なんと相手のバカが、「伊藤さん、かなりスピード出してたんです」
と、
自分の非を否定する発言をしました。


でも、それが嘘となる証拠が二つあります。


 ・母ちゃんが走ってた道(一方通行)には、問題の交差点の手前に
   “隙あらば” と急いで渡る人が多い信号なしの横断歩道があるのです。
   つまり、そこでだいたいの車はスピードを落とさざるをえないのです。
   母ちゃんも毎日通ってる道だから、そこは注意して通ってると前から言ってた。

   その交差点と横断歩道の間は20メートルくらいしかありません。


 ・写真のうちの軽自動車は、古いのでそんな一気にスピードあげること
   できません(笑)


以上の理由でバカが言ってることは嘘になります。


例え、 万が一にも母ちゃんがスピードをかなり出してたとしたら、


あなたはなぜスピードが出てると認識した車の前に入ろうとしたんですか?



危険予測もできない頭と、ブレーキも踏めない足なんて切ってしまえば
いいじゃない。



自分のミスも正直に言えないアホは車乗る資格ないよね。



ただ、どちらの車も 「動いてた」 以上、 責任比率が10:0になることはなく、
8.5 : 1.5 ということになりました。


うちに非があるとはどうしても思えない。


そしてバカからは留守電に「すいませんでした」の一言だけ。



伊藤家は怒りに満ちてます(笑)

まぁ、うちに頭下げに来たらすかさず切っちゃうけどね。


そして現在、伊藤家は「どうしたら一番多く慰謝料取れるかねぇ」
と、
試行錯誤を繰り返しています(笑)


と言っても事態は一応の収拾に至ったので

今週末には次の車のことへと移行します。

トヨタに人脈がありますので、かなり良さそうな軽自動車を
安く手配してもらってて、日曜日に見に行くんです。


あぁ...人脈って大事。


ただね、賠償金で次の車の費用を完全にまかなうこと出来ないんです。
(ここが事故の悲痛なとこ)
被害者だからってお金たくさんもらうことは出来ないんです。

だから、次の車は伊藤家からの出費がかなりあります。



突っ込まれて、 車を廃車にされて、 鞭打ちになってリハビリ続けなくちゃ
いけなくて、  運転することへの恐怖心植えつけられて...

母は次の新しい車が来ても、出勤することが怖いと言ってます。



でも出費しなくちゃならんのです。


ほんと虚しい。

不公平だよね。


まぁ俺に出来るのは励ますくらいかなぁ


でも、今回の事故で感動したことがありました、


事故ってすぐ、たまに俺が遊びに行く(?)トヨタの知り合いの人が電話くれて、
 母ちゃんの様子と
 どう対処すべきかを教えてくれたこと。(責任比率の下げ方など)

レッカー屋のオッサンが実は母ちゃんと小学校の同級生で、レッカー代を安く抑えて
 くれてたこと。

うちのもう一台の乗用車を売ってくれた、親父の知り合いのトヨタの工場長が
 すぐに新しい軽自動車を安くキープしといてくれたこと。
 (利益が出ないくらい安いらしいです)

この人達が即座に動いてくれたおかげで
なんとかなりました。



いや~人脈って大事(笑)



まぁでも、明日は我が身って言う訳じゃないけどさ、

いつ自分が加害者になるかわからないよね。

だから運転する時はちゃんと集中しなくちゃダメだし
飲酒なんてもってのほか! ね?金子?



さて、じゃぁ もう寝ます。


みんなも運転する時は気をつけてください。



オヤスミ











   
[PR]

by hideo10292002 | 2006-03-10 02:12 | 日常

<< たぶん こんな感じ Good Coffee S... >>