その背中に...   

2006年 01月 26日

e0092467_1273486.jpg



日曜日、結婚式に行ってきました

初めての結婚式


結婚したのはバイト時代のふたつ上の先輩。
先輩と言いながら、敬語なんてほとんど使ったことない
そういう雰囲気を作ってくれてた人。


約1年ぶりに会うことになったわけだけども、

チャペルの扉が開いてそこにいたその人は

なんだかバイト時代にはなかったオーラみたいなものを
まとってるような感じでした


なんか変な感じだったな...


結婚とは...


っていう疑問みたいなものが一瞬あたまよぎった。

バイト時代はすごく身近にいた人だから
そんな人が結婚するとなると
すごく考えさせられるね、彼女もいねーのにね(笑)


まぁ、なんでそんなにも “違和感” 的なものを感じたかというと

まず、その人についてのエピソードを...


  ・ 二日酔いの時はバイトの時間になっても来ない
  ・ お酒を呑むだけ呑んで、倒れる
  ・ 朝5時から、「伊藤君!寿司食べ行こうよ~」
  ・ 「伊藤君!蒲生でカラオケやってるからおいでよ~」と誘われ、
    行ってみたら部屋でひとり倒れてた。お会計18000円。
                        (大晦日)
  ・ 家の鍵を逆にまわして折ってしまった。
    そして窓を割って進入。

まだ掘り返せばいくらでもある。

そりゃ純白のタキシード着てたら違和感沸くでしょ。


ただね、俺は一度もその人が怒ってたり、イライラしてるところ見たことないんだわ

バイトで少々キツイ展開をむかえても文句の一つも言わずに黙々とやってたし。

少しでもおもしろいこと言うと爆笑してくれる。

二人でカラオケ行けば奢ってくれる。

友達に平等に接してる(と思う)



ほんとにいいヤツなんだわ


ヤツと言っちゃ失礼だけど、ほんとに人柄は最高な人だね。

一時期、その人と俺、二人とも彼女いなかった時があって(俺は今でもだけど)
そんなときに、「彼女できたらこういうところ行きたい」とか、恋愛の話をたくさんしたり
「あぁ、彼女ほしいなぁ」って二人で言ってたりしたから、

そんなやつがこうやって結婚の日を迎えることが
なんだかすごく嬉しく感じた。


で、今日の写真なんだけど、

出席した親族や友人、会社の上司・同僚で聖歌を歌うとき
なんだかボ~っと背中を見てました。
だから撮ってみた。


すごくいろいろなこと感じたね、

流れで「結婚」ではなく、「結婚したい」と思う人に出会うこと。
夫婦としての責任とか実感とか。

そして、なにより...


パパになること。  夏、出産予定らしいです(-^□^-)



披露宴もほんとに感動した

笑ってはいたものの、
涙をこらえるのが必死だった(笑)


あぁ、結婚したいなぁ...
って見てる人に思わせることが素晴らしい


なんだかパワーをもらった結婚式でした。











トシ、これ見てるかな?



  トシヘ
     ほんとにおめでとう!!  これからはお酒もタバコも
     控えめにして、
     お嫁さんとお腹の中の新しい家族と、3人で協力し合って
     幸せな家庭を築いていってください。

     きっと、これからは始めての経験がたくさんあるだろうけど、
     自分の信じた通りにがんばってください。



     裕美さんを一生大切にしてください。

     
     



  

 じゃ、おやすみなさい

       
 
[PR]

by hideo10292002 | 2006-01-26 02:41 | 日常

<< 焼酎デビュー やっぱり >>